スキンケアのお勉強ブログ
TOP PAGE > シミは、スキンケアの悩みの中でも多いで

シミは、スキンケアの悩みの中でも多いで

シミは、スキンケアの悩みの中でも多いです。

老化、紫外線による日焼けなどの影響で色素の沈着が生じることが要因となり、シミがあると、実際の年齢より上に年上の印象を周囲の人に与えてしまうようです。シミが顔にできてしまったら大変気になってしまうものですが、日々のスキンケアで防ぐことも出来ますし、スキンケアが不十分でシミができてしまっても、他に方法はあります。女性の肌サイクルはある程度予測がつくものです。鏡を見て自分の肌年齢が気になりだしたら、食生活を工夫してみることも大切です。肌に良くない食べ物を摂らないように注意していると、代謝が改善され肌質に変化が出てきます。皮膚細胞の再生サイクルが良くなるので、シミやシワの改善にも繋がります。皮膚も身体も食事によって活かされていますから、特に費用をかけなくてもできるスキンケアのように思うと行動しやすいでしょう。3食すべては無理でも、少しずつ肌や体にいいものを取り入れていきましょう。

私はエッセンシャルオイルで私自身が楽しんだり周りの方々に楽しんでもらったりしています。オイルの香りが特に大好きでリラックスできます。オイルは健康な心と体の為やストレスの解消、リラクゼーションに効果的なようです。

植物の香りは心と体が抱える悩みを穏やかに回復してくれるので、私にとってはスキンケア化粧品のようです。朝の洗顔の際に、私の母は、ソープや洗顔フォームを用いません。
母が洗顔するときに用いるのは水だけです。

母によると、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、せっかくの皮脂成分が全部落ちてしまってお肌に悪いから水だけでいいと、石鹸不用説をよく話します。そんな母はですが、65歳という年齢を感じ指せず輝いています。
メイクで年齢を多少誤魔化すことはできますが、肌は誤魔化しが効かない、と感じています。わかりやすいのは、目の下でしょう。
この部分はシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年齢が上がるに従って、ここの部位に悩む人は増えるようです。肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが加齢と共になくなると、つまりは肌がしぼんだということなので、その分シワが出てきます。
顔に限定してみますと、シワの悩みで多い部位は眉間に走る縦線、目の周りの細かいシワや目尻にできる笑いジワ、それからほうれい線、このあたりがメジャーです。

シゴトと生活に精一杯のアラサーです。毎日クタクタになってそれでもシゴトをしていますが、ある日、何となく鏡を見て、さらにじっくり見て悲鳴を上げそうになりました。鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。どれだけ自分が疲れ果てているのか、突きつけられた気がしました。


この衝撃の日以降、私は心に誓いました。どんなに疲れて帰宅しても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌を守るためにできることをしよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。皮脂分泌が多い肌の場合、潤いたっぷりな肌質に見えますが、実は潤ってはいない状態、という場合が多いです。肌の表面にカサツキがないのは、脂っぽい肌は皮脂分泌が次々と行われている状況なので、外的な刺激による乾燥は防げる傾向が多いためです。

しかし、肌のトラブルを引き起こすのはこの皮脂ですから、顔を洗って、丁度よい状態まで洗い流すことが必要です。


実際、肌トラブル、とりわけかゆみの原因は皮膚の炎症やあとピー性皮膚炎であることも少なくありません。しかし、肌が乾燥しているということが原因になっていることも多く見られるのです。特にこの国の冬は乾燥しますから、テレビで乾燥肌のかゆみ用クリームのコマーシャルをよく見ます。

こういったものを使用していると、かゆいのが治ることが多いですが、長引くなら皮膚科で診てもらうことを勧奨します。あとピーの人は、どんな肌手入れの方法が良いのでしょう?あとピーの原因はその全てが完全に解明はされていませんから、これでミスはないといったようなスキンケア法や治療法等はありません。
ただ、あとピーの方は、ほんのちょっとの刺激や体温(最近では低体温の人が増えているそうです)の上昇で痒みが出てきますから、基本的にはなるべく刺激を与えないことが一番です。
三十代以降の女の方を中心に悩むことの多い肌トラブルに、「肝斑」といわれるものがあります。両目の目じりの下の頬よりのあたりにまるでクマのようにできてしまうシミのことをいいます。女性ホルモンが何らかの形で肝斑の原因となっているのではないかと疑われていて、「肝」の字から、原因として肝臓の不調を連想しがちですが、そういった関係性はないそうです。
トラネキサム酸の使用によって肝斑を治療できるというのが現在の医療の考え方で、内服薬というか立ちで、大手化粧品メーカーとか製薬会社によって販売されています。一般的なシミ改善方法として様々な方法があるかと思うんですが、肝斑に対しては有効ではありません。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 スキンケアのお勉強ブログ All rights reserved.